この件に関しては....

直木賞作家・坂東眞砂子「子猫殺し」事件

ネット上でも怒涛のように批判が飛び交い、色々なブログで取り上げられていた。
この事件について自分の考えを述べることは、ワンクッション置いてからにしようと思いとどまりすぐにはブログに載せることは控えてきた。
そのニュースを知ったとき、すぐに載せていたら感情だけが先走ったボロボロの文章になってしまっただろうし。

”猫に言葉が話せるなら、避妊手術など望むはずがないし、避妊手術を施すのが飼い主の責任だといっても、それも飼い主の都合。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む ”

猫には、最初から出産をコントロールする能力は備わっていない。
それを助けてあげるのが、飼い主の仕事じゃないかな。
猫だって、人間のように出産コントロールする考えができれば、次々に子供を生むことはしないだろう・・・・と。
これはこの坂東先生のあくまでも自分の想像の域を出ない発言に対する、アタシなりの想像的意見です。
「猫が避妊手術を望むはずがない」というのはあまりにも思い込みが過ぎてないでしょうか?

”そもそも、「愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、自然のなかで生きることだ”

大昔から、猫はペットとして人間の生活の中でともに生きて現在に至っている。
それを今更、「野性に戻すべき」といって野山に放すことは不可能だろう。
猫を愛玩動物として現在まできたからには、猫の幸せを考えて、猫にできない部分、もともと能力的に備わっていない部分を助けてあげるのが飼い主の役割だと考えています。
長くなりそうなので、この辺にしておこうと思う。
最後に自分の意見をまとめとこうかな・・・

個人的な理論は、規制することはできない。
しかし、それが動物の命を奪う行為であるということであれば話は別になってくる。
作家として、言論の自由は許されるが”神が審判を下す”如く猫の命を奪う権利まではないはずである。
色々な考えを持つことは自由です。
ただ、人間がこの地球上で上位に立ち、下位にいるものの命を絶つというのは許されないことです。
そんなことを言ったら、様々な動物を殺して食べて生きていることに対してはどう申し訳がたつだろう?
コレに対して自分は今、言い訳はできませんが少なくともこの一件は、愛玩動物である猫に対すること....
一作家である前に、一人間として動物を殺す前に憐れみや可愛がるというような感情はないのだろうか。

すっかり重苦しい内容になってしまいましたねU^ェ^Uゝデヘヘヘッ・・・
気分を変えよっ


いい味だしてる小羽の寝顔・・・・・不細工になってますね~
いい顔だっ
a0071052_10451055.jpg

[PR]
by 2sco-punch | 2006-08-27 08:29 | みかりんヒトリゴト
<< お勉強、お勉強o(^-^)o 今日は小羽がやっちゃいました~... >>